×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

江川太郎左衛門英龍と三島

TOPへ
江川家の系譜
野毛山節と農兵節
韮山反射炉と水車
江川英龍と甲斐騒動
江川英龍とペリー来航
江川英龍と蛮社の獄
江川英龍と種痘
三島の農兵
江川太郎左衛門とお台場
お台場工事と大場の久八
ディアナ号沈没と救出
洋式帆船ヘダ号の誕生
修禅寺ハリストス正教会
外部URL相互リンク
韮山高校
縄文海進と静岡東部
神津島と海の道
縄文時代の外洋船
Site map
源頼朝マップ
三島市見どころマップ
江川英龍と農兵制度
農兵節の不思議
修禅寺ハリストス正教会

直接ディアナ号とは直接関係ないが、来年で100年目を迎えようとなるロシア正教会の流れを引くハリストス正教会が伊豆の修禅寺に存在する。
東京の「ニコライ堂」日本ハリストス教会や函館の「がんがん寺」で親しまれる函館ハリストス正教会と同じ流れを引く教会で、今でも信者が敬虔なミサを奉げている。
【修禅寺ハリストス正教会】
顕栄聖堂
静岡県伊豆市修善寺861


昭和60年11月29日に静岡県の有形文化財
に指定されている。
【修禅寺教会の聖障】
聖障とは、 聖堂内の至聖所と聖所を区切るイコン(聖像画)がはめ込まれた壁のことです。
日露戦争(1904-1905)当時、聖障や聖器物は 中国旅順にあったものを移転したものです。
【山下りん】
山下りんは日本女性として最初の海外派遣画学生としてロシアへ。
帰国後は、粗末な木綿の着物で通し、留学経験を誇ることもなく、
ひたすら聖画像のイコン制作に打ち込む。
周囲とは没交渉で、教会内のアトリエでも同僚の誰もその姿を見た
者はなかったという。
茨城県笠間市の出身
伊豆市修禅寺には「柏久保ハリストス正教会」(静岡県伊豆市柏久
保325)が存在し、そちらにも山下りん作品6点が所蔵されている。

TOPへ
江川家の系譜
野毛山節と農兵節
韮山反射炉と水車
江川英龍と甲斐騒動
江川英龍とペリー来航
江川英龍と蛮社の獄
江川英龍と種痘
三島の農兵
江川太郎左衛門とお台場
お台場工事と大場の久八
ディアナ号沈没と救出
洋式帆船ヘダ号の誕生
修禅寺ハリストス正教会
外部URL相互リンク
韮山高校
縄文海進と静岡東部
神津島と海の道
縄文時代の外洋船
Site map
源頼朝マップ
三島市見どころマップ
江川英龍と農兵制度
農兵節の不思議

戻る
戻る


江川太郎左衛門英龍と三島