×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

江川太郎左衛門英龍と三島

TOPへ
江川家の系譜
野毛山節と農兵節
韮山反射炉と水車
江川英龍と甲斐騒動
江川英龍とペリー来航
江川英龍と蛮社の獄
江川英龍と種痘
三島の農兵
江川太郎左衛門とお台場
お台場工事と大場の久八
ディアナ号沈没と救出
洋式帆船ヘダ号の誕生
修禅寺ハリストス正教会
外部URL相互リンク
韮山高校
縄文海進と静岡東部
神津島と海の道
縄文時代の外洋船
Site map
源頼朝マップ
三島市見どころマップ
江川英龍と農兵制度
農兵節の不思議
韮山反射炉と水車


江川太郎左衛門が作った韮山の反射炉

源頼朝が流されていた韮山の蛭が小島から南東約1.6km離れた山里に西洋式大砲を造るための反射炉が建造された。

当時の韮山は政治経済を管轄していたとは言え、伊豆の村落の中に忽然と西洋式の反射炉の建設が進み超一級の学塾機関が伊豆に出現した訳で日本中の青年武士の耳目を牽くところとなった。

そして優秀な全国の下級武士において韮山で学ぶということは、現代で言えば東京大学合格以上の誉れであり、全国より韮山詣での現象が惹き起こされた。



韮山代官江川太郎左衛門(坦庵公)がしきりに幕府に海防の急務を説いたことは、史実に明らかである。そして坦庵が管下の青年に洋式農兵調練を実施したのは嘉永三年正月のことであった。

このことは幕府の正式許可ではなく試案であったが、旧式兵制から蘭式の新式兵制にうつったのであるから、諸藩の兵制改革論者は先を争って見学に韮山・三島詣でとなり、このため三島の宿役人はその応接に暇がない程であった。 

訓練場は現在の三島市役所の位置、韮山代官所から鉄砲役人が出張して指導に当たり、ついにここに我国最初の民兵が産声を上げたのである。
英龍は、鉄砲射撃訓練・農兵用陣笠・兵糧用パン・反射炉・大砲・冷却用水などを考案、後には江戸のお台場建設などに取り組み日本に押し寄せる黒船に互角に対処すべき諸策を講じつつ、下田外交において絢爛錦織装束にて交渉に応ずるなど八面六臂の功績を残している。

韮山高校に「忍」の一文字を残し、三島には「農兵節」を残している。


【斎藤弥九郎と江川太郎左衛門】

江川太郎左衛門は、後に紳道無念流達人で中興の祖と呼ばれる江川の家臣・斉藤弥九郎と共に平八郎残党の情報収集と大飢饉で壊滅寸前の幕府直轄領調査を兼ね、刀剣の行商を装って甲斐・武蔵・相模三国を隠密裏に巡察・探索したという。
むろん江川太郎左衛門も神道無念流の使い手であり、本質は武士なのである。

この「神道無念流」は福井兵右衛門嘉平という剣術家が天明年間(1781〜88)に「飯縄大明神」から伝授された剣法とされており、江川太郎左衛門の師である画家で蘭学者の渡辺崋山、水戸藩士・藤田東湖、武田耕雲斎、長州藩士・高杉晋作(柳生新陰流でも有名)、神道無念流免許皆伝を受けた桂小五郎(木戸孝允)、新撰組の永倉新八、芹沢鴨、新見錦、平山五郎、平間重助ら敵味方とり混ぜた錚々たる人物が名を連ねている。

坦庵公の大砲・戦術探究心や情熱の真骨頂は古来より伝わる武術鍛錬に有った。



【大砲】

韮山の反射炉で製造された大砲。江戸のお台場に乗せ、黒船に対峙牽制しようと坦庵公は真剣に考えていた。これに加え、英龍は新式銃に熟練する農兵を教練しペリー来航に備えようとしていたのである。

ペリー戦艦はおろか、後の薩長連合との戦いすら敗北する江戸幕府の戦力の脆弱さを坦庵公は既に見通していたかもしれない。江戸幕府の旧態依然の体制に対し、もう少し頭を丸くしたらいかがと「の地蔵は頭が丸い」と揶揄したのかも知れない。



【反射炉の見どころ】

韮山の反射炉は青銅製の大砲製造を目指して造られたものではない。青銅は加工が楽だが原材料が高く、英龍は鋳鉄製大砲を目指した。
鋳鉄には高温(1700度)に耐えられるレンガが必要であり、太郎左衛門英龍は地元管轄下伊豆河津梨本(河津七滝付近)の土に着目し使ったところが凄い。梨本は耐火レンガの生産地として明治時代に活躍することになる。

英龍が創ろうとした大砲は穴の無いムクの鋳鉄製、後で穴をくり抜く製法である。そのため水車によりムクの鋳鉄大砲を回転させ、砲身に穴を開ける工法だ。
反射炉の立地には水勢のある川を要した。そして強力な水車の設計を要した。水車は4t内外のムクの大砲を安定して回転させるものでなくてはならない。
現在、水車は残っていないが、反射炉の南側に回っている水車と何か関連性ないし影響は有るのか無いか気になるところである。

次に考えなければならないのは鋳鉄を掘削する刃物と刃物固定治具(円柱金具)である。
現代のハイスや超硬バイトの無い時代、どのような刃物を使ったものか知りたい。
そして大問題は、削った穴の直径をどうやって測るかである。丸い砲弾を通す訳だから寸分の狂いも許されない。そのための計測機器の開発も苦心したに違いない。
工程も、粗挽き工程、中挽き工程、仕上げ工程と分業させ工期縮小に工夫している。

温度上昇のために燃料は石炭からコークス乾留へのチャレンジ、熱を反射させる炉内のレンガカーブ面の試行、煙突への吸い込み効果が上がる隙間幅の試行、鋳込み時間の正確な計測法(線香)、鞴の効果の試行、鋳鉄素材の産地選定のための試行など山積する問題を同時並行して解決していく忍耐を続けなければならない。これら全てを英龍個人が創出したとは謂わないが、優秀な門人を束ね指導し大砲工場を構築し、経済管理全般、資材調達(主に沼津港)など精力的に活躍している。

これに加え、お台場の建設、ディアナ号の救援など命じられた訳で、命を落とされたことも無理からぬことと残念に思われる。


TOPへ
江川家の系譜
野毛山節と農兵節
韮山反射炉と水車
江川英龍と甲斐騒動
江川英龍とペリー来航
江川英龍と蛮社の獄
江川英龍と種痘
三島の農兵
江川太郎左衛門とお台場
お台場工事と大場の久八
ディアナ号沈没と救出
洋式帆船ヘダ号の誕生
修禅寺ハリストス正教会
外部URL相互リンク
韮山高校
縄文海進と静岡東部
神津島と海の道
縄文時代の外洋船
Site map
源頼朝マップ
三島市見どころマップ
江川英龍と農兵制度
農兵節の不思議

戻る
戻る


江川太郎左衛門英龍と三島