×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

江川太郎左衛門英龍と三島

江川太郎左衛門英龍と三島

江川家の系譜
江川英龍と甲州騒動
江川英龍とペリー来航
江川英龍と蛮社の獄
江川英龍と種痘
農兵節の不思議
野毛山節と農兵節
韮山反射炉と水車
江川英龍と農兵制度
三島の農兵
江川太郎左衛門とお台場
お台場工事と大場の久八
ディアナ号沈没と救出
洋式帆船ヘダ号の誕生
修禅寺ハリストス正教会
韮山高校
外部相互リンク
Site Map
縄文海進と静岡県東部の海岸線
神津島と海の古道
縄文時代の外洋船を考える
源頼朝マップ
三島市神社マップ


著者は古武道に打ち込んだ経験があり、上の江川英龍像を拝見し、一般の人物像と違った「気」を感じる。

特に脇差が異様に長く、両つま先に気が注がれ、手の内が隠され、背筋が凛と伸びている。

江川太郎左衛門は神道無念流の使い手であり、後に紳道無念流達人で中興の祖と呼ばれる江川の家臣・斉藤弥九郎と共に平八郎残党の情報収集と大飢饉で壊滅寸前の殺気漂う幕府直轄領調査を兼ね、刀剣の行商を装って甲斐・武蔵・相模三国を隠密裏に巡察・探索した武士の気構えが窺える画像である。

三島里山倶楽部
農兵節と三島女郎衆
三島・沼津の古道を探る


江川太郎左衛門英龍と三島